元気のない日本、元気のない男性のために

男性の勃起不全は、近年になって増えてきています。
ストレス社会の進行が心身を疲れさせているというのもその原因の一つ。
デリケートな方に起こりえるもので、慢性的に悩みを抱えたりするといざという時にも別な事が頭によぎり、勃起を妨げます。
そんなことが続くと、何でもない時にさえ“今日は大丈夫だろうか”と気になってしまい、余計に勃起不全に陥ってしまうものです。
私には、職を変えて給料が低くなり、それまで繁茂に参加していた合コンでも、なかなかうまくいかなくなった友人がいます。
彼女が出来ても、じぶんより社会的地位があったり、お給料が上だったりすると、“彼女にかっこいいところを見せられない”と焦りや不安が先走り、夜の関係もなえていくことが多かったそうです。
そうなれば、なおさら女性を満足させることが出来なくなり、やがて関係にも溝が生まれます。
何度かの失敗のあとで、仕事にもプライベートにもハリを持たせなくてはならないと彼は考え、バイアグラを使ってまずはじぶんの彼女を喜ばせようと決意しました。
あさはかとはいえ、男女間の性関係は大事なものです。
それまでは、せっかくいい雰囲気になっても、彼がたたずに場を冷めさせることが多かったのですが、バイアグラを使うことで、数時間もの間SEXを楽しむことができ、彼女も、彼と一緒に夜を過ごすのを望むようになったそうです。
そしてお互いが離れられない関係になり、今では結婚を考え、それを機に、彼も新たな職を見つけるのに一生懸命に頑張っています。
男性は、昔に比べ、自信を失っています。
それでも、男女間の関係は続いていくもの。
日本が元気ないからといって、じぶんも意気消沈していては愛情関係も育ちません。
精神的な原因をも乗り越えられるバイアグラは、そんな男性のサポートアイテムとしてこんな時代だからこそ必要なのかもしれません。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.