バイアグラで自信を取り戻そう。

私がバイアグラを飲むきっかけになったのは、全く勃起しなくなったというわけではなく、持続力がなくなり中折れすることがきっかけでした。
私は性欲が旺盛な方で、パートナーとの行為の頻度も多い方です。
しかし、挿入まではきちんと勃起していたはずが、なぜか途中で半勃ち程度になってしまうのです。
まさか勃起を維持できないという状態になるなんて思ってもみませんでした。
当然ドリンク剤なんかはすぐに試しましたし、食事を精力のつくものにしてみたりしましたが、維持は精力とは別の要素なのでしょう。
結局途中で萎える、中折れする、といった状態でした。
彼女の期待にこたえることができないのがつらく診察を受けたものの、バイアグラを飲むことになった時は「薬に頼らないといけないとは終わったな」と思いました。
飲んでみると、少しずつ体が熱くなり、喉が渇く感じがしてきました。

暫く待って下半身の様子を見てみると、何もしなくても勃起していました。
触れるどころか、全く何もしていなかったのに、彼女も「いつもよりも硬い」とびっくりするくらい、中折れの不安なんて微塵も感じないほどにガチガチになっていて、その後は出してもまだ続けられるくらいなかなかおさまらず、しかも1回出すまでの時間も延びていました。
その日は、本当に久しぶりに自分も彼女も満足して疲れに引きずられて眠りに落ちました。
まさにバイアグラ様さまです。

勃起しづらい、途中で萎える、そんな悩みをもっていて、それでも大切な人との夜を過ごしたいと思う人は、医者にかかって処方してもらった方がいいと思います。
飲んだら、男としての自信も取り戻せて、パートナーとの仲も深まって、いいこと尽くめです。

個人輸入について

もし、身体で悩んでいるのであれば、解決の糸口としてJISAを利用してみてはいかがでしょう。
ホームページを閲覧してもらえればわかるのですが、こちらは個人輸入代行サイトです。
海外からの医薬品やコスメにサプリメントといったものを、通関手続きを代行してもらうことで品を買うことができるのです。
現在、薬品も病院や市販で販売できるものにも限りがあるのです。
薬事法というものがあり、薬の扱うものに規制があるので、海外からのものを市販で販売することができないのです。
ですが、個人で輸入をするのは違反でなく、通関手続きを行うことで購入することができます。
ただし、使用するのは自分のみです。

西洋哲学と東洋哲学

精力剤とか回春剤かよばれる物は、西洋、東洋を問わず、大昔から存在し、効果のある物も有れば、まやかしの物も有りました。
つまり早い話が玉石混合の世界だったのでした。
古文書と言われるべき書物にも精力剤に関する記載があり、人類が誕生してから、EDの問題は、面々と続く永遠の課題でもあったわけですね。
一つ一つのそれらの精力剤には、違いはありますが 基本的には精力増強、体力回復、体力年齢の降下という考え方で処方されているものが大半です。
南の島の絶壁にある鳥の巣の粉とか、三角獣の角を砕いて粉にしたもののとかも、全てその延長線上にあり、日本の有名な赤ひげの蝮のなんたら・・も同じです。
性器の勃起するメカニズムに刺さりこんで、これという形で対策を講じたものは有りませんでした。

ともかく元気になりましょう、そして性器も元気を取り戻しましょう・・というシナリオの物が大半でした。
そして体が元気になると2割から3割くらいの男性は、そこそこ勃起する力がもどってくるので、それはそれで一つの答えとして有効ではありました。
そしておもむろにバイアグラの登場です。

勃起する人体のメカニズムの研究を重ね、ついにそれを克服しました。
世界中が拍手をもって受け入れました。
有無を言わさず、立ちます。
局部的に鉄の棒が入ったようになります。
一度でも体感された人はいいますが、効き目は絶大です。
性行為を本当に楽しむことが出来ます。

そして、実有効時間の4時間の間は何回でも勃起するので、ともすれば過激に回数をこなしてしまいがちになります。
バイアグラのおかげで局部的にはアイアンマン状態なのですが、他の部分は前と同じですから、確実に消耗していきます。
だから、性行為の後は凄くつかれます。
これは薬の副作用も有りますが、むちゃくちゃ体を知らない間に酷使ししていますから当然と言えば当然でしょう。
だからバイアグラを本当に楽しもうとすると、体調も上げて、一線に臨むことが望まれるわけです。

関連サイト⇒JISAでバイアグラを個人輸入
こちらのサイトより、一部引用させていただきました。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.