即効性のあるバイアグラは老人世代には有り難い薬なんです

その昔アメリカでED治療薬というのが開発されました。
その歴史は1998年にさかのぼります。
1998年にバイアグラというED治療薬が開発され、臨床実験を重ねた結果、初めてそのお薬の有効性が科学的に証明されました。
それまで勃起不全で長い間苦しんでいた多くのアメリカ人男性を救ったお薬こそバイアグラなのです。
このお薬は勃起不全で悩める男性たちに抜群の効果がありました。
で、同じようなタイプのお薬が次々と開発されましたが、いずれもアメリカ国内で研究開発されたものです。
どんなお薬が開発されたのでしょうか?レビトラというお薬とシアリスというお薬が連続して開発されました。
これら三種類のED治療薬の原理はみな同じです。
亀頭内にある血管を拡張させて、男性がその気になった時に亀頭内の血流量を飛躍的に増加させます。
それで亀頭が信じられないくらいに膨らんでしまうのです。
実際私もそれを体験いたしましたが亀頭が痛くなるほどパンパンになります。
実体験による反省なんですが、薬の効果が過剰に過ぎる場合は、自分で判断してお薬の量を半分にするべきです。
その逆はいけません。
このお薬は劇薬に相当する成分を含んでいますのでお薬の量を増やしたい場合には、かかりつけの医師に相談すべきです。
バイアグラはその効き目がとても強いお薬なので、その服用には細心の注意が必要なのです。
効き目が強いということは、副作用(サイドイフェクト)もそれだけ強いと言うことになります。
でも、このお薬のお陰で充実した老後の人生を過ごせています。
有り難いことです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.